イルミナティカードでオリンピック中止が予言されていた!






イルミナティカードが東京オリンピック中止を予言?

なぜ、このイルミナティカードが話題になっているかというと、このカードに出ている人物の洋服のカラーがオリンピックの五輪カラーと同色で、破壊されて落ちてくる時計台が東京銀座の和光の時計台と似ているということです。

実は、このイルミナティカードとは1995年にアメリカのゲーム製作会社によって製作されて発売された「イルミナティ・ニューワールドオーダー」というカードゲームなのですが、今までに数々の世界中で起こる事件や事故、災害などを予言していると言われております。

にわかに信じがたい当てつけのような情報ですが、日本製ではないイルミナティカードの時計台が日本の時計台に酷似していて、しかもその前に映っている人々の洋服のカラーが五輪カラーということ。

そしてこのカードが『Combined Drsasters(複合災害)』のカードということで話題になっています。



イルミナティカードが武漢を予言していた?

東京オリンピックで盛り上がる前に、実は武漢についても、このイルミナティカードは予言していたのではないかという声がたくさん上がっています。

どうやら、 このカードは研究所が爆発している「Lab Explosion」というカードなのですが、黄色い部分が武漢の経済圏で、赤く濃くなっている爆発の核の部分が武漢市のように見えるということです。

発生源が国立病原体研究機関なのではないかというような噂から、酷似していると一気に話が広まりました。

さらに、何か人口削減のための計画的に行なわれたことではないかと、他のイルミナティカードからも推測している方も多数いらっしゃいました。

後付けで、どうにでもなるのでは?

というような疑問の声も出ていましたが、ここ最近ではこのネタと東京オリンピックについては都市伝説的に噂が広がっておりますね。



イルミナティカードが9.11や3.11を予言していた?

今回、このネタだけで東京オリンピック中止の予言と騒がれているのは、過去の9.11や3.11を予言するイルミナティカードがあったからだと思われます。

確かに、6年前に発売されたカードなのですが、実際の9.11と酷似していますね。

これは、3.11を予言したと言われているイルミナティカードです。

どうやら、津波に関係するカードに3.11の数字が隠れていたということです。